私が常日頃心がけていることは、財布の中のお札の向きをそろえることです。お札の向きがそろっているときは、なんだか心がすっきりし、枚数を確認するときもスムーズに行うことができます。お札の向きをそろえると同時に、種類もそろえます。千円札、五千円札、一万円札、これらが交互に入り交ざっているような財布に果たして金運がついてくるでしょうか。お金を大事にするということは、効率の面から見てもそろえるべきであると私は思います。
それから、お守りをいくつか携帯しています。財布の中には、邪魔にならないような小さななお守りがひとつ、車のキーにも、小さなお守りがひとつついています。そしてそれらを見るたびに、いただいたときのことと、それにお願いしていることを思い出すのです。特に財布と車のキーはよく使うものですから、毎日のように思い出してはお願い事を再確認しています。なので、たくさんはつけません。たくさんあっては、どれに何をお願いしていたのか忘れてしまいますので。開運に関する考え方はいろいろありますが、他の人の方法を参考にするのもよいでしょう。開運に役立つ考え方を理解して運命を変えよう!
また、私は気が向いたり疲れたときにはパワースポットに出かけます。といっても、遠くに出かけるわけではありません。近所の神社や、日帰りでふらっといけるような場所を選んでいきます。遠くに出かけるのもいいものですが、気軽にちょっと出かけるのもいいものです。パワースポットと呼ばれる場所は、なぜああも落ち着くのでしょうか。自然に囲まれた生命力のあふれた感じや、神社やお寺などの静かで落ち着いた感じ、イメージは互いに反していますが、どちらに行っても私は癒されます。もしかすると、人には何も考えずに一息つけるような時間が必要なのかもしれません。落ち着いてようやく、運気を受け取れる準備ができるのでしょう。